2022年 5月 23日 月曜日
Home 蓄電池・LED

蓄電池・LED

産業用蓄電池を設置したいと思っても、だれかに相談できるわけではないので、「どの段階でどんなことをするのだろう?」という疑問は尽きないでしょう。太陽光発電システムや蓄電池の設置にあたって、どういったことに注意していれば良いのでしょうか。
産業用蓄電池の値段がわからず、「予算としてどれくらい必要なの?」と考える方は、たくさんいるでしょう。住宅用のものと比べれば、高額になるのは間違いありません。
現在、産業用蓄電池は、数多くのメーカーから使用用途に応じてさまざまなものが販売されています。人によっては、どのメーカーの産業用蓄電池を選んでも、特に変わりはないという方もいるでしょう。しかし、どのメーカーの蓄電池を利用するかで、保障内容や性能が大きく変わってきます。
前編では、蓄電池の種類について解説し、どんな蓄電池があるのか段々分かってきたと思います。 後編では、それを踏まえて蓄電池を設置するメリット・デメリットを解説してまいります。
会社の電気代が高くて、困っていませんか?会社の利益を少しでも残すためにも、電気代の削減に関する施策は、積極的に取り組むことをおすすめします。しかし、だからといって従業員の仕事のパフォーマンスが下がってしまっては意味がありません。
産業用蓄電池は、どこでも設置できるわけではありません。設置に適する場所と、適さない場所があります。たとえば、産業用蓄電池を設置するには、広々としたスペースや蓄電池自体に悪影響をおよぼさない優れた環境の用意が求められます。
工場や倉庫の屋根に太陽光パネルと蓄電池を設置し、少しでも電気代を削減したいと考えているのなら、売電よりも自社で自家消費することをおすすめします。年々、電気料金が値上がりしている事実や売電価格の下落という背景を考慮すれば、自家消費することが優れた選択肢であることは間違いありません。
近年、勢力の大きな台風や地震、洪水などの災害が増えている日本社会では、BCP対策という言葉を頻繁に見聞きするようになりました。会社の上司から「そろそろ、BCP対策をしっかりとやっていかないといけない」と言われている方もいるでしょう。
前編では、FIT制度と太陽光発電の売電終了に伴う影響について説明いたしました。 後編では、太陽光発電の売電終了に直面した売電事業者にどのような選択肢が残されていて、どういった対応が必要になってくるかを具体的に解説してまいります。
前編では、自立運転モードに変更することによって発電する方法と、停電中の太陽光発電を利用する手順について解説しました。 後編は、その後の停電が継続した場合や電気が復旧した場合の対応方法と、停電時に太陽光発電で動かしてはいけない電子機器について見ていきましょう。