2021年 9月 20日 月曜日
もし、現時点で東日本大震災クラスの大型地震が起きたら、1分後、1時間後、24時間後、1週間後、あなたの管理・運営する工場や倉庫では、BCP対策としてどのようなことに取り組んでいく予定でしょうか?
産業用蓄電池を設置したいと思っても、だれかに相談できるわけではないので、「どの段階でどんなことをするのだろう?」という疑問は尽きないでしょう。太陽光発電システムや蓄電池の設置にあたって、どういったことに注意していれば良いのでしょうか。
産業用蓄電池は、どこでも設置できるわけではありません。設置に適する場所と、適さない場所があります。たとえば、産業用蓄電池を設置するには、広々としたスペースや蓄電池自体に悪影響をおよぼさない優れた環境の用意が求められます。
一般的な家庭用の蓄電池であれば、どのようなものなのかイメージしやすいでしょう。しかし、工場や倉庫の屋根に設置できる産業用蓄電池となれば、話は変わってきます。倉庫や工場の屋根に設置する場合は、大容量の電力が蓄電可能な産業用蓄電池が必要となります。
東日本大震災のような大型地震を経験すると、誰しもがBCP対策について考えるようになるでしょう。その結果、BCP対策といえば地震対策と考える方が少なからずいます。しかし、BCP対策の定義を考えるのであれば、地震以外にもさまざまな自然災害について警戒しておく必要があります。
東日本大震災などの自然災害によって工場や倉庫に大きな被害を受けたという事業者は、意外とたくさんいるでしょう。BCP対策の導入手順について検索しているのも、将来的な倒産リスクを抑えるためなのではないでしょうか。
大型地震や過去最大級の大型台風の到来など、今までにない自然災害の被害規模にBCP対策の導入を検討している事業者は意外と多いかと思います。特に、工場や倉庫に甚大な被害がおよび電力不足などの事態に陥れば、倒産などのリスクが高まってしまいます。
近年、勢力の大きな台風や地震、洪水などの災害が増えている日本社会では、BCP対策という言葉を頻繁に見聞きするようになりました。会社の上司から「そろそろ、BCP対策をしっかりとやっていかないといけない」と言われている方もいるでしょう。
近年、さまざまな施設で産業用蓄電池が導入される機会が増えてきました。しかし、「どのような企業で導入されているの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。太陽光発電システムに蓄電池を搭載すれば、大きな災害によって停電が発生しても、産業用蓄電池にためられた電力を非常用電力として使うことができます。
産業用蓄電池には、さまざまな容量のものがあり、「どれくらいの容量の蓄電池を選べばいいの?」と思った方もいるでしょう。蓄電容量の小さなものを選べば、導入費用も安く済むのかもしれません。