2021年 6月 13日 日曜日
Home 売電・節電・投資

売電・節電・投資

東日本大震災のような大型地震を経験すると、誰しもがBCP対策について考えるようになるでしょう。その結果、BCP対策といえば地震対策と考える方が少なからずいます。しかし、BCP対策の定義を考えるのであれば、地震以外にもさまざまな自然災害について警戒しておく必要があります。
前編では、今日までの太陽光発電売電価格の推移を振り返り、売電価格の下降傾向に触れました。 後編は、2019年の太陽光発電の価格に関するニュースとこれからの太陽光の未来について見ていきましょう。
太陽光発電システムを導入する際、どうしても売電価格の推移が気になりますよね。もし、今後売電価格が伸びてくれるなら、余剰電力を売りたいと考える方もいるでしょう。
前編では、産業用太陽光発電の年間収入をシミュレーションし、具体的にどれくらいの利益が出るのかを見てみました。 後編では、その産業用太陽光発電がこれまで注目を浴びていなかったのに、最近になって注目を集めている理由について解説してまいります。
工場や倉庫などの屋根に、産業用太陽光発電を設置すれば、投資利益が得られることは知っていても、「投資として成立するか、前例があまりないのでわからない」や、「投資予算としては、どれくらい必要なの?」と考える方もいるでしょう。
前編で、売電価格の下落の説明と電気料金のシミュレーションを行いました。 後編では、自家消費型の太陽光発電で利用可能な補助金や税制制度には、どんなものがあるのかを詳しく見ていきましょう。
工場や倉庫の屋根に太陽光パネルと蓄電池を設置し、少しでも電気代を削減したいと考えているのなら、売電よりも自社で自家消費することをおすすめします。年々、電気料金が値上がりしている事実や売電価格の下落という背景を考慮すれば、自家消費することが優れた選択肢であることは間違いありません。
前編では、蓄電池の種類について解説し、どんな蓄電池があるのか段々分かってきたと思います。 後編では、それを踏まえて蓄電池を設置するメリット・デメリットを解説してまいります。
前編では、利回りの計算に使う公式について解説し、正確な利回りを把握する必要性について説明しました。 後編は、この利回り計算で大切になる初期費用と年間支出について説明してまいります。
太陽光発電システムを導入すれば、売電によって利益を得ることができます。その際、「利回りって、どれくらい?」といった話になりますが、この利回りという言葉の意味について詳しいことをご存じですか?