2021年 10月 24日 日曜日
前編では、利回りの計算に使う公式について解説し、正確な利回りを把握する必要性について説明しました。 後編は、この利回り計算で大切になる初期費用と年間支出について説明してまいります。
前編では、太陽光発電の自然災害時における故障リスクについて解説しました。 後編は、「被害が出た場合の保険は?」「故障した場合の点検方法は?」という誰もが持つ不安点について解説してまいります。
近年、地球の気候変動によって、今までとは異なる強い勢力を保った台風が日本に上陸するケースが増えてきました。2019年も豪雨や暴風によって甚大な被害が発生しており、その影響は太陽光発電システムにもおよんでいます。
前編では、自立運転モードに変更することによって発電する方法と、停電中の太陽光発電を利用する手順について解説しました。 後編は、その後の停電が継続した場合や電気が復旧した場合の対応方法と、停電時に太陽光発電で動かしてはいけない電子機器について見ていきましょう。
大規模災害によって停電し、電気が使えなくなってしまったら、太陽光発電を使い続けることができるのでしょうか?もし、停電中でも太陽光発電で発電した電気が使えるのなら、電気の使用方法を知っておきたいですよね。