工場の電気代を削減するには?6つの節約術を徹底解説

1322

工場の電気代を削減する6つの節約術

電気代が高く利益が減少することに大きな悩みや疑問を抱えている工場運営者は、いませんか?工場では、たくさんの電子機器が稼働するため、消費電力が多くなりがちですよね。

そのため、少しでも消費電力を削減して利益率をアップしたいと考えていないでしょうか。今回は、工場の電気代を少しでも削減するにはどうすれば良いのか、消費電力の抑え方についてわかりやすく解説していきます。

工場の電気代を削減するなら電力料金の決まり方を知ろう!

もし、工場の電気代の削減について考えるのなら、電力料金がどのように決まるのか、その仕組みについて知っておくことが大切です。ここでは、電力料金の決まり方についてご説明します。

 

毎月の電気代は、工場と一般家庭で違いはない

工場と一般家庭では、電気代の仕組みが大きく異なると考えている方がいます。実は、毎月の電気代は、工場でも一般家庭でも同じ計算公式にもとづいて計算されています。

ただし、家庭向けの電力は、契約アンペア数にもとづく基本料金、または最低料金で決まっていますが、工場のような高圧電力の場合は、30分デマンド値によって電力料金が決まっています。

 

デマンド対策を行えば、工場の電気代は削減できる

デマンドとは、30分間の平均的な電力のことで、このデマンド値によって契約電力の具体的な金額が決まっています。工場などの高圧受電の場合、デマンド計を取り付けることで、電気の使用量を計算します。

基本的にデマンド計は、30分区切りで数値を導き出しており、その値が基本料金の基準となるため、30分間に大量の電力を使ってしまうと最終的な電気代が高額になります。少しでも電気代を下げるには、デマンド値を下げる取り組みが必要になります。

 

工場の電気代を削減する6つの方法

少しでも工場の電気代を削減するには、デマンド値を下げる努力が必要であることが分かりました。では、今から始められる施策としてはどのようなものがあるのでしょうか。

 

【方法1】太陽光発電システムで電気代を削減する

近年、工場の電気代を削減する方法として、非常に注目されている方法があります。それは、太陽光発電システムを導入するという方法です。太陽光発電システムを導入すれば、日中の明るい時間帯に太陽エネルギーで電力を作ることができます。

発電できる時間帯は、その電力を消費していくことで電力の消費量を抑えることができます。特に、夏場や冬場などの冷暖房の必要な時期は、太陽光発電システムから発電される電力を使うことで、日中の消費量を大きく抑えることができます。これによりデマンド値が確実に下がるため、工場の電気代削減に大きくつながっていきます。

 

【方法2】産業用蓄電池で電気代を削減する

太陽光発電システムを導入して、工場の電気代を削減するのなら、産業用蓄電池の導入も一緒に検討してみませんか。一般家庭よりも蓄電容量の大きい産業用蓄電池なら、たくさんの電力を消費する工場でも、十分にまかなうことができます。

たとえば、日中に冷暖房の関係で電力の使用量が多くなっているのであれば、その時間帯に産業用蓄電池から電力を供給すれば、電力会社から電気を買わなくて済みます。購入電力量が減れば、自然とデマンド値も下がるため工場の電気代削減につながるでしょう。

 

【方法3】新電力へ変更して電気代を削減する

工場の電気代を削減したいなら、契約先の電力会社を見直しましょう。太陽光発電システムや産業用蓄電池システムの導入には、一定の費用が必要となりますが、新電力への変更には一切お金が必要ありません。導入コストのかからない施策なので、どのような工場でもすぐに導入できます。

そもそも、新電力とは、電力自由化によって電力業界への参入が可能となった電力会社のことです。これにより、以前よりも電気料金の安い電力会社を選びやすくなりました。すでに、新電力へ変更したという工場でも、定期的に契約先を見直すことで今以上に電気代を削減できる可能性があるため、しっかりとチェックしていきましょう。

 

【方法4】電力の消費量の多い作業を夜間に行って電気代を削減する

工場の電気料金が高くなってしまうのは、日中の電気代の高い時間帯にたくさんの電力を消費してしまうからです。そのため、電気の消費量の多い作業を日中に行うのではなくて夜間にすることで、電気代を削減することができます。なぜなら、深夜電力の方が、日中の電力料金よりも安いからです。

しかし、夜間の時間帯に従業員を働かせることになれば、深夜手当などによって利益が減少してしまう可能性があります。また、音の多い作業であれば近隣住民から苦情が発生する可能性もあるので、バランスを見極めて作業を進めていく必要があります。

 

【方法5】工場内の電球をLED電球へ変更して電気代を削減する

工場内でたくさんの電力を消費しているものがあります。それは、何だと思いますか?実は、工場内の照明が多くの電力を消費し、電気代の高額化につながっています。ここで、一般家庭における電気代の違いを比較してみました。

 

【電気代一覧】
・白熱電球:354.75円
・蛍光灯:72.25円
・LED:51.25円

 

この中では、1番LEDがお得になることがわかります。白熱電球と電気代を比較してみましょう。その差は、約7倍となります。工場のフロアは、広いためすべての電球をLEDへ変更すれば大幅な電気代の削減につながります。

ちなみに、人の動きを感知して点灯してくれるセンサーLEDライトを導入すれば、電気の点灯に無駄がなくなるため、80%もの点灯率の無駄を削減できます。

 

【方法6】空調機を有効に使って電気代を削減する

夏場や冬場において空調の有効利用は、電気料金の大幅な削減につながります。しかし、過度な節約によって従業員が体調を崩してしまったら、意味がありません。また、工場運営者として従業員に快適な労働環境を提供する義務があります。

現在、工場内で使用している空調機ですが、あまりにも古いものを利用していないでしょうか。10年以上前のエアコンであれば、新しいものへ交換した方が電気代を削減できます。他にも、サーキュレーターなどの電子機器を利用することで、室内温度を一定化できます。

工場内に、強く日光が入る場所はないでしょうか。カーテンやブラインドを利用すれば、室内温度の上昇を少しでも抑えることができるため、空調機を上手く利用しながら工場内の電気代を削減していきましょう。

 

まとめ

電気代を削減して、工場運営を軌道にのせよう!

たくさんの電気を消費する電子機器を頻繁に稼働させている工場であれば、「電気代の削減といってもどこから着手すれば良いの?」という疑問を抱えてしまうかと思います。最近は、太陽光発電システムや蓄電池システムの導入によって、効率良く電気代を削減する事業者が増えています。

もし、自社の工場にぴったりな太陽光発電システムや蓄電池システムを探したいと考えているのであれば、ぜひ弊社のサイトから見積もりを出してください。工場の状況などをお伺いし、最適なシステムを提供させていただきます。

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は、当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上、下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は
当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用を
お考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト 「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

>