会社の電気代を削減するには?代表的な節電方法を徹底解説

761

会社の電気代を削減する代表的な節電方法

会社の電気代が高くて、困っていませんか?会社の利益を少しでも残すためにも、電気代の削減に関する施策は、積極的に取り組むことをおすすめします。しかし、だからといって従業員の仕事のパフォーマンスが下がってしまっては意味がありません。

では、従業員のパフォーマンスを下げることなく、会社の電気代を削減するにはどうすれば良いのでしょうか。今回は、会社の電気代を下げることで事業利益を伸ばしたい方に向けて、具体的な節電方法や代表的で人気を集めている電気代の削減方法をわかりやすく解説していきます。

【節電方法】会社の電気代を削減する具体的な方法

そもそも、会社の消費電力のうち多くを占めるのは、どのようなものだと思いますか?実は、証明と空調です。つまり、証明と空調の電気代の削減に成功すれば、大幅に消費電力を抑えられる可能性があります。

ちなみに、もっとも電力を消費するのは空調です。次に、証明です。空調は、照明の約2倍近くの電力を消費します。2つを合計すれば、約7割の電力を占めることになるため、これらの電気代をいかに抑えるかが重要なポイントとなってきます。まずは、会社の電気代を削減する具体的な方法についてご説明します。

 

【方法1】エアコンの設定を自動へ変更する

会社のエアコンは、非常に多くの電力を消費します。特に、夏場や冬場などの寒暖差の大きい時期は、具体的な温度を設定するのではなく、設定内容を自動運転にしておきましょう。エアコンの設定内容を自動運転に設定しておくだけで、5%の電気代を節約できます。

実際に、空調メーカーでも、次のことがいわれています。「エアコンの風量設定を自動運転にしておくことが、もっとも省エネにつながりやすい。自動運転にしておくことで、部屋の室温が下がるまでは強風で温度を下げ、それからは微風という設定になるため、多くの人が快適に感じやすい風量で調整してくれます。」

このように、エアコンが冷えすぎて寒すぎるという会社は、自動運転にすることで電気代を削減しましょう。

 

【方法2】サーキュレーターや扇風機で風を送る

会社内の快適性を高めたいのなら、サーキュレーターや扇風機を使って快適性を高めていきましょう。快適性が高まれば、従業員の体感温度が下がっていきます。これにより、従業員は快適に働けるようになります。

仮に、室温が少し高い状態でも、サーキュレーターや扇風機を使って会社内に風の動きをつくり、一定の快適性が保たれていれば、業務のパフォーマンスにはそれほど影響がでません。

 

【方法3】会社の照明をLEDに変更する

会社の照明は、すべてLEDに変更してください。会社の消費電力のうち4分の1は、照明代に使われています。そのため、会社で白熱電球を利用している方は、電気代が高くなってしまいます。

白熱電球や蛍光灯を利用する理由は、会社の電気代が抑えられることだけではありません。LED電球は、白熱電球や蛍光灯よりも高寿命なので、交換の手間や購入費用を削減できます。すぐにすべての電球をLED電球に変更することが難しくても、頻繁に利用するものについては、少しずつ変更していきましょう。

 

【方法4】最大需要電力を抑える

電気代の基本料金は、どのようなことで決まっているかご存知ですか?基本料金のすべては、最大需要電力によって決まっています。つまり、1年間にわたって最大需要電力が上がらないように注意しておけば、基本料金が低く設定されるということです。

しかし、会社の電気代を削減するために、最大需要電力を下げる必要があるといわれても、今ひとつ数字としての実感がわかないと思います。その場合は、デマンド監視装置を使ってリアルタイムで数字を可視化していきましょう。

 

【方法5】電力を見える化・見せる化できるシステムを導入する

会社の電気代の削減が上手くいかないのなら、電力の見える化・見せる化するための仕組みを導入していきましょう。電力の見える化や見せる化が実現すれば、現状の把握はもちろん、電気代の無駄を削減できます。

たとえば、会社の電子機器でどれがもっとも多くの電力を消費しているのかということを把握できます。これにより、エネルギーの無駄につながっている電子機器をすぐに発見できます。

電力の見える化・見せる化するための仕組みを導入する場合は、導入費用に十分に注意しましょう。せっかく電力を削減できても、多額の導入費用がかかってしまっては、節電効果が軽減されるため、費用対効果も考えながら導入してください。

 

【方法6】無線スイッチを導入して、点灯時間の無駄をなくす

普段、ほとんど人が利用していない社内エリアに、照明をつけていませんか?もし、だれもいないのに電気を使い続けているのなら、どうしても会社の電気代が高くなってしまいます。ちなみに、照明の電気代は、点灯時間と消費電力で決まります。

そのため、無線スイッチタイプの照明を導入することで、点灯時間はもちろん、消費電力を大幅に抑えることができます。無線スイッチタイプの照明なら、フロアに人がいないときは自動的に電気を消してくれます。逆に、人がフロアに入ってきたら自動的に点灯してくれます。

無線スイッチというと、少し導入のハードルが高くなってしまいますが、簡単に操作できるパネルスイッチを導入して、点灯時間の無駄をなくすという方法も有効です。

 

【人気の節電法】会社の電気代は、太陽光発電システムで削減できる

近年、大きく注目されているのが太陽光発電システムを使った節電方法です。なぜ、このようなシステムが大きな注目を集めているのでしょうか。ここでは、太陽光発電システムが電気代を削減できる理由についてご説明します。

 

会社の電力を発電し、自家消費する

太陽光発電システムを導入すれば、普段電力会社から購入している電力を自ら発電できるようになります。そのため、たくさんの電力を発電できるのであれば、電力会社から電力を購入する必要がなくなります。

現在は、電力会社の電力が値上がりしつつあるため、売電するよりも会社内で消費した方が電気代の削減につながります。

 

蓄電池システムも導入して、デメリットを解消する

自家消費型の太陽光発電システムのデメリットは、発電した電力をためておくことができないということです。そのため、夜間に使いたいと思っても、使うことができません。

しかし、産業用蓄電池システムを使って電力をためておくことができれば、天候が曇っており、たくさんの電力を発電できない日や夜間でも発電した電力を使うことができます。

 

まとめ

太陽光発電・産業用蓄電池システムを導入し、会社の電気代を削減しよう!

もし、以前から会社の屋上空間を有効利用したいと考えているのであれば、太陽光発電システムや産業用蓄電池システムを使って、自家消費型の体制を整備してみませんか?導入規模にもよりますが、会社で必要な空調や照明の電気代なら、まかなうことができるでしょう。

これらのシステムの導入について具体的な知識は必要ありません。当サイトから見積もりを出すだけで、あなたの会社にぴったりな担当者が見つかるため、ぜひ利用してみてください。

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は、当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上、下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は
当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用を
お考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト 「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

>