産業用蓄電池の設置場所は、どこがおすすめ?設置条件を解説

547

産業用蓄電池の設置条件

産業用蓄電池は、どこでも設置できるわけではありません。設置に適する場所と、適さない場所があります。たとえば、産業用蓄電池を設置するには、広々としたスペースや蓄電池自体に悪影響をおよぼさない優れた環境の用意が求められます。

また、産業用蓄電池の屋内設置と屋外設置では、適する場所が異なりますので、どのようなところに設置するのが良いのか、わかりやすく解説していきます。

すべての産業用蓄電池に共通するおすすめの設置条件とは?

屋内設置、または屋外設置に関係なく、すべての産業用蓄電池に共通するおすすめの条件についてご説明します。

 

下限温度を超えるような寒冷地ではない

マイナス10度やマイナス20度の下限温度を超える環境では、産業用蓄電池の本来の性能を発揮することはできません。そもそも、蓄電池は、寒さに弱いことをご存じですか?寒い地域に行くと、スマホにたくさんの充電があっても、あっというまになくなってしまうことがありますよね。

あれは、低温時に発生するリチウムイオン電池の性能の低下によって起きています。最悪の場合、一切の動作がとまってしまうこともあります。そのため、マイナス10度やマイナス20度の下限温度を超える地域では、産業用蓄電池の販売を行っていないメーカーも存在します。

 

広々とした設置スペースが存在すること

たくさんの電力をためておくことができる産業用蓄電池は、どれもサイズが非常に大きいです。そのため、産業用蓄電池を設置するには一定の広さのある設置スペースが必要です。そして、産業蓄電池の設置スペースがあったとしても、設置できないことがあります。

なぜなら、蓄電池を設置するには、作業スペースが必要となるからです。産業用蓄電池の設置スペースとして適しているのかについては、見積もり先の業者にチェックしてもらいましょう。

 

産業用蓄電池を屋内設置するなら、どこがおすすめ?

産業用蓄電池を屋内設置する場合は、下記のポイントを意識しながら適する場所を探していきましょう。

 

【重要なポイント一覧】
・湿気や熱がこもらない環境であること
・重たいものを設置しても問題ない床であること
・稼働にともなう運転音で迷惑をかけないこと

 

次に、屋内設置における重要な設置ポイントについてご説明します。

 

湿気や熱がこもらない環境であること

産業用蓄電池は、湿気や熱に弱いです。そのため、湿度が高くならない換気のできる場所が適しています。また、室内温度の上昇によって火災が起きる可能性もあるので、温度が上がりすぎない場所であることも重要です。

産業用蓄電池の屋内設置スペースの確保が難しいからといって、クローゼットや物置などに設置することはあまりおすすめできません。なぜなら、湿度が高くなりやすく、熱がこもりやすいからです。そのため、安全には十分に注意して良い場所を探してください。

 

重たいものを設置しても問題ない床であること

産業用蓄電池は、どれも非常に大型で重たいです。そのため、産業用蓄電池の重量に耐えられる床でなければ、大きな事故につながってしまう可能性があります。たとえば、設置後は、何も問題ないように見えたとしても、年数が経過してくると床が沈んでしまうことがあります。

では、床が沈むなどのトラブルを避けるためには、どのような対処が必要なのでしょうか。蓄電池を設置する前に、床下の状態について調べましょう。耐荷重はもちろん、床下に芯となる材木が入っているのかなどを調べて、適する場所を探してみてください。

産業用蓄電池は、非常に重量のあるものなので1度設置すれば簡単に場所を移動させることができません。そのため、慎重に設置場所を選んでください。

 

稼働にともなう運転音で迷惑をかけないこと

産業用蓄電池の設置スペースとして安全な場所が見つかったとしても、設置できないことがあります。なぜなら、蓄電池は稼働時に音がするからです。音がずっと鳴り響くことで、従業員へ迷惑をかけてしまうことがあります。

仕事の関係上、いつも電気機器の音が鳴り響いている場所であれば特に問題はないのかもしれません。しかし、静寂な空気間のある事務室などでは、稼働音が目立ちますので設置しないことをおすすめします。

 

産業用蓄電池を屋外設置するなら、どこがおすすめ?

産業用蓄電池を屋外設置する場合は、下記のポイントを意識しながら適する場所を探していきましょう。

 

【重要なポイント一覧】
・地面より高い位置にあること
・長時間、直接日光が当たらないこと
・海岸付近の塩害のある地域ではないこと

 

次に、屋外設置における重要な設置ポイントについてご説明します。

 

地面より高い位置にあること

産業用蓄電池は、電子機器なので非常に水に弱いです。万が一、水につかってしまうようなことがあれば、故障してしまうでしょう。そのため、水没や浸水による影響を受けないためにも、コンクリートの基礎を使って地面よりも高い位置にあることが大切です。

ちなみに、産業用蓄電池が浸水してしまった場合、感電によるトラブルも考えられます。コンクリート基礎を利用する方法が有効とされている理由は、地震に対する転倒への対応や地盤の弱体化への対応策として、非常に優れているからです。

もし、産業用蓄電池を安全に設置したいのであれば、地震や洪水などの災害によって故障してしまわないように、設置の仕方も工夫していきましょう。

 

長時間、直接日光が当たらないこと

産業用蓄電池は、直接的に日光が当たらない場所に置いてください。なぜ、直接日光が当たらない場所は良いのかというと、蓄電池の高温化を避けるためです。万が一、産業用蓄電池が高温化すれば、火災による事故が起きてしまう可能性があります。

メーカーの取り扱い説明書を見ても、直接日光の当たる場所への設置は原則的に不可能となっているので、日陰となる場所を探して蓄電池を設置しましょう。もし、直射日光による高温化が心配であれば、日よけ板を設置することでトラブルを回避できるため、導入先のメーカーに相談してみてください。

 

海岸付近の塩害のある地域ではないこと

海岸付近にある工場や倉庫では、塩害によって悩まされることも多いかと思います。塩害が起きやすい場所に、通常の産業用蓄電池を設置してしまうと想像以上にはやく故障につながることがあります。

工場や倉庫の運営場所によっては、一般的な塩害地域、または重塩害地域と判定されて、設置の可否が決まるケースが多いため、海岸付近を拠点とされている方は、事前に産業用蓄電池メーカーに相談した方が良いでしょう。

 

まとめ

産業用蓄電池の設置場所を専門業者と一緒に探そう!

太陽光発電によって発電した電力を売るよりも自家消費した方がお得になる時代には、産業用蓄電池の存在が欠かせません。今回、屋外設置や屋内設置におすすめの設置場所について学んでも、「本当に、設置できるのだろうか?」と疑問は尽きないでしょう。

もし、本格的に産業用蓄電池の導入を検討しているのであれば、当サイトから見積もりを出して、専門業者に最適な設置場所について相談してみませんか。専門業者へ相談すれば、きっと安全性の高い場所を見つけられるでしょう。

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は、当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上、下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は
当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用を
お考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト 「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

>