産業用蓄電池は、お得?導入するメリットやデメリットを解説

455

産業用蓄電池導入のメリット・デメリット

一般的な家庭用の蓄電池であれば、どのようなものなのかイメージしやすいでしょう。しかし、工場や倉庫の屋根に設置できる産業用蓄電池となれば、話は変わってきます。倉庫や工場の屋根に設置する場合は、大容量の電力が蓄電可能な産業用蓄電池が必要となります。

実際に、産業用蓄電池を導入することは、本当にお得なのでしょうか。せっかく多額のお金をかけて導入するのなら、しっかりと導入メリットについて把握しておきたいですよね。今回は、産業用蓄電池を導入することはお得と言えるのか、具体的なメリットやデメリットについてわかりやすく解説していきます。

産業用蓄電池を導入するメリットとは?

太陽光発電で発電した電力をためておく設備として、産業用蓄電池が必要であることを知っていても、具体的なメリットについてはあまり知られていません。ここでは、産業用蓄電池を導入するメリットについてご説明します。

 

【メリット1】自家消費によって消費電力量を抑えられる

産業用蓄電池を利用すれば、太陽光発電によって発電された電力を効率良く自家消費できるため、今まで以上に消費電力を抑えることができます。ちなみに、工場や倉庫などで契約されている電力料金プランは、どのような基準で決まっているかご存知ですか?実は、電力料金プランは、年間の電力使用量の最大値を基準として決まっています。

つまり、普段から節約を心がけていても冬場や夏場などの冷暖房が必要な時期の到来によって、どうしても年間の電力の使用料が高くなってしまいます。

その際、産業用蓄電池を有効に利用すれば、電力量が増えがちな冬場や夏場の時期に、電力使用量を抑えることができます。産業用蓄電池の電力を利用すれば、電力会社から電力を購入しなくてよくなります。

 

【メリット2】ピークシフトを実現できる

産業用蓄電池があれば、電力の使い方を工夫できるためピークシフトを実現できるメリットがあります。そもそも、ピークシフトとは、電気をあまり使わない時間帯に電気をためておき、たくさんの電気を使う時間帯に、ためておいたものを利用することです。

たとえば、工場や倉庫の運営で昼間に電気をたくさん使う場合は、夜間の電気をつかわない時間帯に産業用蓄電池に電気をためておくことができます。産業用蓄電池があれば、電力消費の山や谷を減らすことができるため、エネルギー効率がアップします。

 

【メリット3】急な災害にも非常用電源で対応できる

近年、日本ではさまざまな自然災害が発生しています。どれも推測できないものばかりで、多くの人の危機管理意識が高まりました。災害の際、非常に困ったことがありましたね。それは、電力供給のストップによって工事や倉庫の運営に、甚大な被害が出たことです。

事前に産業用蓄電池を設置していれば、電力会社から電力の供給をストップされたとしても、最低限の電子機器を稼働させられるメリットがあります。工場や倉庫では、たくさんの人が働いています。

仕事のために必要な電子機器はもちろん、パソコンやテレビ、携帯電話など、電力を必要とする電化製品はたくさんありますので、事前に非常用電源を用意しておくことは大切なことです。

 

産業用蓄電池を導入するデメリットとは?

産業用蓄電池を導入すれば、自家消費やピークシフトへの貢献はもちろん、非常用電源として急な災害にも対応できるメリットがあることがわかりました。では、産業用蓄電池の導入には、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

【デメリット1】初期投資費用が必要になる

太陽光発電システムの導入には、まとまったお金が必要になりますが、それは産業用蓄電池でも同じことです。産業用蓄電池の導入における最大のデメリットは、初期投資費用が非常に高いことといえるでしょう。

どのような産業用蓄電池を導入するかによりますが、数百万から数千万円の予算は必要となります。ただし、自家消費型太陽光発電体制の実現や非常用電源の確保を目的としているため、あまり大きなデメリットとはいえません。むしろ、大きな投資利益を得るための必要経費といえるのではないでしょうか。

 

【デメリット2】経年劣化により、メンテナンスが必要になる

メーカーで販売されている産業用蓄電池の容量は、使用回数に応じて少しずつ経年劣化を起こし蓄電量が減少していきます。たとえば、過度に放電や充電を繰り返すような使い方をすると、想像以上にはやく寿命に到達してしまいます。

寿命を迎えてしまった蓄電池は、交換作業が必要となります。メンテナンスや交換作業には、別途費用が発生するケースもあるので、事前に予算として用意しておく必要があります。

 

【デメリット3】広々とした設置スペースが必要になる

太陽光発電によって発電したたくさんの電力をためられる産業用蓄電池は、非常にサイズが大きいです。そのため、産業用蓄電池を設置するには、広々としたスペースが必要となります。つまり、産業用蓄電池を設置すれば、常に一定の空間を占領されることになります。

ちなみに、産業用蓄電池の具体的なサイズをご存じですか?たとえば、京セラで販売されているリチウムイオン蓄電システムの外形寸法(mm)は、W1800×H2060×D1090です。これだけ大きな空間を用意できなければ、産業用蓄電池の設置は難しいと覚えておきましょう。

 

産業用蓄電池の導入事例からわかる大きなメリットとは?

産業用蓄電池の導入は、企業にとって大きなメリットはあるのでしょうか。具体的な導入事例から、そのメリットについて深く探っていきます。

 

売電に依存しない大和ハウスの導入事例

CMでもたびたび見聞きしているため、大和ハウスという名前はご存じだと思います。実は、大和ハウスは、国内初の売電に依存していない施設として有名になっています。

近年、東日本大震災の影響によって、事業継続計画策定について深く問われるようになり、その解決策として大和ハウスは産業用蓄電池を導入するにいたりました。その結果、住宅性能評価・表示協会のBELSで高評価を得ています。

 

蓄電池が平常時・災害時でも貢献する積水ハウス東北工場の導入事例

積水ハウス東北工場は、省エネに非常にはやい段階で取り組んだ工場として有名です。ちなみに、省エネへの取り組みとして下記のものを導入しています。

 

【導入物一覧】
・容量2MWh、出力500kWの蓄電池システム
・熱電併給(コジェネ)用ガスエンジン(225KW)
・LED照明機器

 

上記の電源システムを統合していくことでエネルギー効率化を実現できるメリットがあります。平常時は、ピークカットを積極的に推進し、約700kWの削減に成功しています。また、災害に遭遇した場合は、収容人員250名に1週間の電力を供給できる体制が整っています。

 

まとめ

産業用蓄電池の導入メリットは非常に大きい

産業用蓄電池は、決して安いものではありません。しかし、導入メリットは、初期投資費用を支払ったとしても非常に大きいものです。どのような産業用蓄電池を利用するかによって変わってきますが、十分な蓄電容量のある蓄電池を導入すれば、電力会社から電力を購入しなくても自家消費し、電力料金を抑えられるメリットがあります。

また、災害発生時には、従業員に避難拠点として場所を提供できるようになります。災害への備えとしても産業用蓄電池は大きなメリットがありますので、ぜひ導入を検討してみませんか。

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は、当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上、下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は
当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用を
お考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト 「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

>