【BCP対策】非常電源を確保したい!

1057

非常電源の確保!問題の解決方法とは?

大型地震や過去最大級の大型台風の到来など、今までにない自然災害の被害規模にBCP対策の導入を検討している事業者は意外と多いかと思います。特に、工場や倉庫に甚大な被害がおよび電力不足などの事態に陥れば、倒産などのリスクが高まってしまいます。

そのような問題を解決するには、BCP対策として非常用電源の確保を優先する必要があります。今回は、災害時に非常用電源を確保したいと考える事業者に向けて、問題の解決方法についてわかりやすく解説していきます。

【目標1】事業継続と従業員の安全を優先するBCP対策を行いたい

自然災害発生時、倉庫や工場の事業を継続的に行っていくには、外部との通信手段を維持する必要があります。なぜなら、従業員の安否確認はもちろん、取引先の被害状況の確認、早期復旧に向けた指示だしが必要になってくるからです。

上記のBCP対策を進めていくには、非常用電源を常に使えるようにしておく必要があります。ここでは、BCP対策における非常用電源の大切さについて確認していきましょう。

 

東日本大震災で感じる非常用電源の大切さ

東日本大震災が発生した際、大きな問題点となったのは、電話が繋がらず安否確認ができないということです。他にも、停電区域内でスマートフォンやルーター、サーバーなどの電源の確保が困難となり、事業停止になるケースが増えました。

工場や倉庫は自然災害に遭遇したとしても、市場に商品やサービスを提供する責務を担っています。そのため、従業員の安否確認はもちろん、速やかに被害状況を把握し、早期復旧に向けて行動していく責任を背負っています。

事業を早期復旧するには、通信手段の確保が何よりも最重要であり、通信状態を維持するために非常用電源の確保が大切です。

 

産業用蓄電池システムで非常用電源を確保する

万が一、大型地震や大型台風が到来しても、産業用蓄電池システムがあれば、社員の安否確認や被害状況を把握するために必要な非常用電源を十分に確保できます。また、産業蓄電池システムがあれば、事業復旧までに最低限の電力を確保できるため、電子機器の完全停止を回避できます。

もし、BCP対策として大容量の蓄電池が必要なら適切なサイズのシステムを導入しましょう。大容量の蓄電池システムなら、停電時でも長時間電力を使い続けることができます。産業用蓄電池システムの導入は、BCP対策における非常に有効な施策となります。

 

【目標2】非常用電源で避難所のライフラインのBCP対策を行いたい

大型地震によって工場や倉庫などの建物が損壊するほどの被害を受けた場合、最優先するべきは従業員の安全であり、ライフラインの整備です。これは、BCP対策でも意識されるポイントです。

 

避難所に非常用電源を確保する

台風や地震などの自然災害では、従業員の安全確保のため、工場や倉庫の中が避難所となります。避難所の安全を確保するには、インターネットなどの情報通信はもちろん、照明や空調といったインフラの整備が必要となります。

しかし、なぜBCP対策で情報通信が重要視されるのでしょうか。それは、スムーズに情報通信が行われなければ、従業員の避難が遅れ甚大な被害につながってしまうことがあるからです。

また、しっかりと情報通信が整備されていなければ、安否確認や救助要請を行うことができなくなるため、非常用電源の確保が必要となります。

 

太陽光発電システムで長期間の避難にも対応する

BCP対策で検討しておくべきことは、長期間の非難を強いられる場合、非常用電源の電力をどのように維持していくかということです。蓄電池システムだけでは、使用できる電力に限りがあります。

蓄電池システムに加えて太陽光発電システムを導入することで、昼間に発電した電力を夜間に自家消費できる体制が整います。BCP対策として自家消費型太陽光発電システムを導入すれば、長期間にわたる緊急時な避難状況でも電力不足に陥ることがありません。

 

【目標3】自然災害時でもバックヤードの非常用電源を確保したい

自然災害が発生しても、工場や倉庫には消費者に商品やサービスを提供する責務があることは間違いありません。特に、工場で作られる、または倉庫で管理されているものが人命にかかわるものであれば、なおさらのことです。

そのため、バックヤードの運営内容によっては、どうしても稼働を止められないという場合もあるかと思います。また、日々膨大な情報をコンピュータで管理している物流倉庫であれば、1日の停電でも大きな被害額になってしまいます。

最悪の場合、大切な顧客情報の管理が煩雑化し、企業としての信頼の低下につながってしまう可能性があります。このような問題は、BCP対策における非常用電源の導入で解決できます。

 

バックヤードの電源を24時間確保する方法

人命にかかわるような工場運営や倉庫の管理を行っている場合、1秒たりとも電力不足でシステムが停止する事態を避けなければいけません。もし、BCP対策によって解決するのなら、太陽光発電システムと産業用蓄電池システムの導入をおすすめします。

万が一、自然災害によって停電が生じた場合は、産業用蓄電池システムにためられた電力を非常用電源として利用します。また、長期間の停電に備えて、太陽光発電システムを使って電力を発電すれば、バックヤードの電力をまかなうことができます。

このようなBCP対策による仕組みは、人命と関わる商品やサービスを提供する工場や倉庫以外でも非常に役立ちます。

 

BCP対策における非常用電源の選択は、どうするべき?

BCP対策を進めるうえで太陽光発電システムや産業用蓄電池システムは、なくてはならないものです。では、非常用電源として、どのような選択が必要なのでしょうか。

 

1週間程度の停電への対応方法

工場や倉庫において、数日、または1週間程度の停電に耐えるのであれば、産業用蓄電池を設置すれば、おおよそのことに対応できます。最近の産業用蓄電池は、電力の使用料が可視化されているため、非常に管理がしやすくなっています。

スマートフォンやパソコン、タブレットなどがあれば、数値の把握ができます。しかし、蓄電池だけで耐えられるのは、大きな電力を使用しない工場や倉庫に限られます。

 

長期間の停電への対応方法

自然災害の被害の復旧には、非常に時間がかかるケースが多いです。もし、復旧までにたくさんの電気を使う予定があるのなら、太陽光発電システムと蓄電池システムの導入をおすすめします。

産業用蓄電池以外にも、太陽光発電システムを同時に設置することで、昼間の太陽エネルギーを電力へと変えることができます。

 

まとめ

BCP対策では、非常用電源の確保を優先しよう!

工場や倉庫が電力不足に陥ってしまうのは、BCP対策を行っておらず、非常用電源が確保できていないからです。非常用電源が確保できなければ、事業の継続はもちろん、従業員の安全を守ることができません。

太陽光発電システムと産業用蓄電池システムを導入すれば、非常用電源に関するほとんどの問題を解決できるため、有効なBCP対策として導入を検討してみてはどうでしょうか。

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は、当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上、下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は
当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用を
お考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト 「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

>