【工場・倉庫運営者必見!】BCP対策で有効な設備投資とは?

1241

BCP対策で有効な設備投資

東日本大震災のような大型地震を経験すると、誰しもがBCP対策について考えるようになるでしょう。その結果、BCP対策といえば地震対策と考える方が少なからずいます。しかし、BCP対策の定義を考えるのであれば、地震以外にもさまざまな自然災害について警戒しておく必要があります。

たとえば、集中豪雨や河川の氾濫、落雷など、たくさんありますね。今回は、BCP対策として設備投資はどうすれば良いのかについてわかりやすく解説していきます。

BCP対策における課題とは?

大規模な地震や落雷、豪雨、洪水、ネットワーク障害などは、あらゆる事業で想定しておくべきリスクといえます。規模によっては、事業停止や倒産のリスクを抱えることになるため、事前の対策が非常に重要になります。BCP対策では、どのような課題があるのでしょうか。

 

落雷に対する設備投資

1年間に落雷は、どれくらい発生しているかご存じですか?2018年の日本全国の落雷数は、500,000件と報告されています。一般的に、建物や人などに雷が直接当たることを直撃雷と呼びますが、誘導雷による被害も無視できません。

誘導雷とは、落雷発生時に、電話線やアンテナなどに膨大な電流や電圧が発生し、電子機器を故障させることをいいます。その結果、工事や倉庫内の電子機器が故障し、運営をストップしなければいけなくなることがよくあります。

この問題を解決するには、落雷が発生しても電子機器へのダメージを回避する設備投資が必要となります。

 

停電に対する設備投資

東日本大震災発生時、多くの人を困らせたのが停電による問題です。大きな被害を受けると電力会社からの電力供給が停止されるため、復旧するまでは電力を使い続けることができません。

そのため、BCP対策として太陽光発電システムや蓄電池システムの導入を検討していく必要があります。多額の設備投資となりますが、非常に優先度や有益性の高い初期投資になります。

 

地震への設備投資

大地震が発生すれば、工場や倉庫内にある多くのものが動きます。その結果、従業員に向かって棚や電子機器が落下し、大怪我につながることがあります。BCP対策として、棚や電子機器が動かないように、キャスターを固定するような道具への設備投資が必要となります。

 

BCP対策で設備投資は、必要?

CBP対策は、努力するべきことであり、絶対にしなければいけないことではありません。本当に、お金をかけて設備投資をする必要があるのでしょうか。

 

災害リスクの増加への対策が必要

東日本大震災直後、多くの企業が甚大な被害を受け、倒産に追い込まれました。最近では、超大型台風の登場により、壊滅的な被害を受けるケースも増えています。このような災害リスクが増加している以上、大きな被害を受ける前に必要な金額の設備投資を行う必要が十分にあるでしょう。

 

多くの企業がBCP対策を行っている

BCP対策を行っていることは珍しいことではありません。2013年では、大企業の7割以上がBCP対策を行っている、または検討中となっています。その結果、子会社や系列会社へのBCP対策の導入要望が高まっています。

そのため、今後、事業を展開するのであればBCP対策を行っていることが当然のことと考えられはじめる可能性が高いでしょう。

 

【BCP】工場や倉庫管理者におすすめの設備対策

工場や倉庫では、大型の地震や洪水などによって受ける被害を最小限に抑え、早期復旧に向けた常日頃の準備が重要です。では、工場や倉庫でBCP対策を行っていくのであれば、どのようなことから進めていけば良いのでしょうか。

 

地震対策の重要なポイント

工場や倉庫での地震に対するBCP対策では、建物内にある備品の落下や転倒による被害の回避を最優先に考えていく必要があります。たとえば、キャビネットホルダーへ設備投資を行えば棚の転倒防止を防ぐことができます。

キャスター付きの電子機器については、足元にストッパーを入れることで、確実に固定することができます。これにより、転倒回避のメリットがあることはもちろん、設備の破損リスクを大幅に下げることができます。

 

非常用電源設備を導入し、早期復旧を目指す

工場や倉庫では、非常用電源の確保が何よりも重要です。なぜなら、工場や倉庫内の電子機器の稼働や従業員同士の安否確認、取引先への連絡には、すべて電力が必要となるからです。

太陽光発電システムや非常用電源装置の導入はもちろん、空調設備や分電盤への設備投資を検討しましょう。

 

ネットワーク・セキュリティレベルを充実させる

太陽光発電システムや蓄電池システムを導入し、非常用電源の確保が完了したら、ネットワークやセキュリティレベルを高めていきましょう。たとえば、工場や倉庫内にビデオ会議システムを導入すれば、災害時でも迅速なコミュニケーションを図ることができます。

他にも、蓄電池システムを導入していれば、365日24時間、監視カメラを稼働させることができます。従業員の入退室はもちろん、部外者の立ち入りについても確認できる体制が整うため、セキュリティレベルの大幅な向上が期待できます。これは、重要なBCP対策のひとつといえるでしょう。

 

【BCP】オフィス管理者におすすめの設備対策

工場や倉庫では、備品の転倒防止や落下防止を回避する必要があることがわかりました。では、オフィスでは、どのような対策が必要なのでしょうか。

 

バックアップ体制の整備

オフィス内にも棚や備品がある以上、工場や倉庫で行ったBCPによる設備対策は必要です。これら以外にも、重要なことがあります。それは、バックアップ体制の整備です。オフィスでは、顧客情報や機密情報など、たくさんの情報を取り扱っています。

現在は、IT化によって多くのものが電子化されていますが、これらの情報についてしっかりとバックアップはとれているでしょうか。定期的にバックアップをとっていたとしても、災害発生後のことも考えて、バックアップを取得しているでしょうか。

大地震や大洪水によって、バックアップデータの消失や誤差が生じると、企業の信頼低下につながる可能性があるため十分な注意が必要です。

 

非常時の通信設備を確保する

東日本大震災のような大型地震が発生した際、オフィス管理者が行うべき重要なBCP対策は、すべての従業員に安否確認メールを送信することです。現時点での業務上のトラブルや緊急連絡先、行動方針などを緊急連絡メールとして送信してください。

その際、電力会社からの電力の供給がストップする可能性が高いため、どこで通信端末が充電できるのかということも伝えておくとコミュニケーションがスムーズに進みます。もちろん、太陽光発電システムや蓄電池システムの導入は必須です。

 

まとめ

BCP対策における設備投資は、非常に重要!

工場や倉庫でBCP対策をしていなければ、地震や落雷などの自然災害を受けた際、甚大な被害を受けてしまう可能性が高いです。多くの従業員を抱え、長期間の運営ストップとなれば、事業復旧の見込みが立ったとしてもマイナスを回収できないかもしれません。

そうなってしまったら倒産するしかありません。また、BCP対策を怠ったせいで従業員が大怪我を負うリスクも高まります。災害発生時には安否確認の必要もあるため、太陽光発電システムや蓄電池システムを導入して、常に電力が使える状態を目指しましょう。

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は、当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上、下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は
当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用を
お考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト 「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

>