BCP(事業継続計画)対策とは?

592

太陽光発電システムが有利な理由

近年、勢力の大きな台風や地震、洪水などの災害が増えている日本社会では、BCP対策という言葉を頻繁に見聞きするようになりました。会社の上司から「そろそろ、BCP対策をしっかりとやっていかないといけない」と言われている方もいるでしょう。

しかし、どういったことをすれば、BCP対策になるのでしょうか。今回は、BCP対策とはどのようなもののことをいうのか、その定義や太陽光発電システムが他の対策法と比べて有利な理由についてわかりやすく解説していきます。

BCP対策とは?基本的な定義から学ぼう

そもそも、BCP対策という言葉になじみがない方がほとんどではないでしょうか。まずは、BCP対策の言葉の定義から学んでいきましょう。

 

BCP対策とは?

BCP対策とは、Business Continuity Planningの英語の頭文字の略称で、日本語訳すると事業継続計画という意味があります。そのため、BCP対策を具体的に定義するのであれば、下記のように考えると良いでしょう。

台風や洪水、地震、暴風など、普段想定していない不測の事態が発生したとしても、既存の事業を中断させない、または中断してしまったとしても可能な範囲で早く復旧するための方針や手順が記述された計画書といえます。

 

BCP対策の重要性

上司から「BCP対策について考えておいて」といわれても、そのような対策の必要性を感じないという方もいるでしょう。あなたは、地震によって企業が倒産するリスクを考えたことがあるでしょうか。2011年といえば、東日本大震災が起きた年として多くの方が意識されています。

東日本大震災による関連倒産は、2011年3月から2019年2月まで96ヵ月連続で発生していることがわかっています。2月28日現在、調査報告によれば累計で1,903件に達しています。

 

【東日本大震災による倒産数一覧】
・2011年544件
・2012年490件(前年比9.9%減)
・2013年333件(同32.0%減)
・2014年175件(同47.4%減)
・2015年141件(同19.4%減)
・2016年97件(同31.2%減)
・2017年71件(同26.8%減)
・2018年44件(同38.0%減)

 

すべての発生数を合計し、月平均で考えれば3.6件のペースで発生していることがわかります。このように、震災によって倒産するリスクは、すべての企業で考えておくべきことといえます。

 

BCP対策は、蓄電池システムだけで十分?

今までの災害状況について調べれば、ライフラインが復旧するまでに1週間から5週間が必要であることがわかります。つまり、その間は電力会社からの電力供給はストップするため、工場や倉庫を稼働させることはできません。

そのため、「蓄電池システムを導入すれば、すべての問題を解消できるのでは?」と考える方もいるでしょう。実際に、BCP対策として蓄電池システムの導入に関する話は、よくあがります。

しかし、ライフラインが復旧するまでの期間が1週間から5週間であることを考えれば、蓄電池システムだけでは、途中で電力不足に陥ってしまうため不十分であることが分かります。この問題点を解決するには、電気をためておく蓄電池も必要ですが、自ら電気を発電する太陽光発電システムが必要であることが分かります。

 

BCP対策に太陽光発電システムを導入するメリット

BCP対策をするうえで自ら電力を発電できる太陽光発電システムは、欠かせません。工場や倉庫の稼働を止めないためにも、BCP対策の導入は、最重要事項であり、今すぐに将来発生する可能性のあるリスクへの対策を検討していく必要があります。ここでは、BCP対策に太陽光発電システムを導入すれば、どのようなメリットがあるのかについてご説明します。

 

工場や倉庫を早期に稼働させることができる

BCP対策として太陽光発電システムを導入する最大のメリットは、工場や倉庫を早期に稼働させられることです。仮に、災害によって電力の供給がストップしたとしても、太陽光発電システムを稼働させれば、自ら電力を生み出し、消費することができます。つまり、電力供給停止によるリスクを回避できるということです。

そのため、急に電力が停止する事態が発生しても工場や倉庫内の仕事を止めずに済みます。一定のペースで事業を継続できる体制を整えておけば、早期復旧も可能となります。太陽光発電システムを利用した早期復旧体制の実現は、取引先の企業へ信頼感や安心感を与えることにもつながります。

 

災害時の非常用電源を確保できる

BCP対策で重要なことは、電力会社からの電力供給がストップしたとしても、一定の電力を確保できることです。太陽光発電システムを利用すれば、災害時に非常用電源を確保できます。

地震や洪水などで災害が発生した際、外部の安否確認をするには、通信手段を維持する必要があります。たとえば、従業員の家族や取引先の安否確認を行うには、スマートフォンやパソコンなどの通信端末がいりますね。

通信端末を利用するには、電力が必要となります。つまり、工場や倉庫が正式に稼働する1週間は、非常用電源を確保しておく必要があります。太陽光発電システムで電力を発電し、蓄電池システムで余剰電力をためられる仕組みを整えれば、人間同士の安否確認はもちろん、取引先への業務連絡も可能となります。

 

太陽光発電システムを利用したBCP対策の事例

次に、太陽光発電システムを使ってBCP対策を行っている企業に焦点をあてていきます。どのようなことを実施しているのか、具体的な事例から学んでいきましょう。

 

約1000人分の電力の確保を実現した事例

2014年8月、新京成電鉄はBCP対策をスタートしました。万が一、災害が発生した場合は蓄電池システムと太陽光発電システムで自家消費をしていく仕組みが整えられています。また、電気自動車の導入も検討予定ということです。

もし、太陽光発電システムによって発電した電力が足りなくなり、蓄電池システムにも電力がなくなった場合は、電気自動車からも給電できるようになっています。これだけの体制を整えることで、3日間にわたって災害対策本部の本社機能を維持できるようになっています。

グルーブ会社も含めれば、約1000人分の電力を確保できているため、従業員や取引先の顧客の安全も守れる有益なBCP対策となっています。

 

約40%のエネルギー消費量を削減できる

大阪ガスでは、3階建ての自社ビルでBCP対策を実施しています。ガスヒートポンプと太陽光発電システムを利用したエネルギー供給システムを稼働し、省エネ体制を実現しています。

これらのエネルギー供給システムがあれば、仮に災害によって電力の供給が1日以上停止したとしても、自らのシステムによって電力を供給できるようになっています。実際に、2か月間にわたって稼働させたところ、約40%もエネルギー消費の削減に成功しています。

 

まとめ

BCP(事業継続計画)対策に太陽光発電システムは有利!

もし、BCP対策を本格的に検討しているのであれば、太陽光発電システムの導入を検討してみませんか。災害時、非常に困るのが電力の供給がストップすることです。

太陽光発電システムがあれば自ら電力を生み出し、消費することができるため、多くの問題を解決できます。また、太陽光発電システムに蓄電池システムを導入すれば、余剰電力をためておくことができるため、夜間でも電力を利用できます。まずは、太陽光発電システムの見積もりから行ってみましょう。

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は、当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上、下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は
当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用を
お考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト 「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

>