太陽光発電の耐用年数は、何年間?~前編~

629
Abstract connecting dots and lines molecule background. Connection science compounds, medical, technology or scientific concept background. Vector illustration

太陽光発電の耐用年数について解説

太陽光発電システムの導入を検討している方のなかには、「太陽光発電の耐用年数は、何年なのだろう?」と疑問を感じている方もいるでしょう。

一般的に太陽光発電システムは、故障のリスクが少なく、長期間利用可能な電子機器といわれていますが、実際のところどうなのでしょうか。今回は、前編で太陽光発電の耐用年数は、何年なのか、後編でパネルやパワコンの寿命についてわかりやすく解説していきます。

太陽光発電システムの耐用年数は、何年間?

さまざま公式サイトを閲覧していると、「太陽光発電システムの耐用年数は、17年です」と書かれているケースが多いです。実は、17年という数字は、太陽光発電システムの耐用年数を表しているわけではありません。

この17年は、法定耐用年数によって導き出された数字だからです。まずは、法定耐用年数というものは、どういったものなのかについて簡単にご説明します。

法定耐用年数の数字が表す意味とは?

法定耐用年数とは、減価償却資産として使用できる期間を税金に関する法律で定めた年数のことです。太陽光発電システムなどの事業で利用する建物や設備は、時間の経過とともに古くなり、いずれ価値が下がります。このような時間の経過とともに価値が減少する資産のことを減価償却資産といいます。

太陽光発電システムのような設備の耐用年数は、メーカーごとに計算するのが難しいため、最初から法定耐用年数に従って減価償却を行うことがルールになっています。

上記の説明によって、17年という法定耐用年数が太陽光発電システムの寿命とは明確な関係性がないということをおわかりいただけたと思います。

太陽光発電システムの耐用年数の目安

17年という数字が太陽光発電システムの耐用年数と明確な関係性がないのであれば、実際の耐用年数はどうなるのでしょうか。正直、太陽光発電システムの耐用年数に関する明確なデータは存在しません。なぜなら、太陽光発電によって余剰電力を売電し、利益を得るという歴史が非常に浅いからです。

余剰電力買取制度が始まったのは、2009年です。現在は、2019年なので制度がスタートしてから、たった10年程度しか経過していません。そのため、陽光発電システムの耐用年数について明確に回答することはできませんが、20~30年程度がひとつの稼働の目安になってきます。

過去の稼働データによれば、30年以上稼働している太陽光発電システムもあるため、大切に使い続ければ、非常に長期間稼働させられることがわかります。

 

減価償却費の計算方法は、とっても簡単!

そもそも、減価償却とは、太陽光発電システムの耐用年数にもとづき、経費を計算してく税金の仕組みのことです。耐用年数という言葉が今ひとつピンとこない方は、寿命と言い換えてみるとわかりやすいと思います。つまり、太陽光発電システムの寿命にもとづいて税金を計算していきます。

税金の計算と聞くと、少し難しいイメージをもってしまうかもしれませんが、減価償却費の計算方法について要点を押さえて簡単にご説明いたします。

定額法と定率法を理解しよう

減価償却費を計算するには、定額法と定率法と呼ばれる2つの計算法について学んでおく必要があります。

【定額法】

定額法とは、毎月一定の金額の償却を継続していく税金の計算方法です。たとえば、500万円の産業用の太陽光発電システムを購入した場合、17年の法定耐用年数から具体的な減価償却費を求めていきます。

500万÷17年=約30万

定額法で減価償却費を計算した場合、毎年30万円ずつであれば、償却できることがわかります。

【定率法】

定率法とは、毎年一定の償却率から償却していく税金の計算方法です。太陽光発電システムにおける償却率の割合は11.8%と定められています。たとえば、500万円の産業用の太陽光発電を購入した場合、定率法で計算すると減価償却費はどうなるのでしょうか。

500万×11.8%=59万円

1年目の減価償却費は、太陽光発電システムの購入費に償却率をかけることで簡単に求められます。2年目以降は、500万円から前年の減価償却費の合計額を引き算し、11.8%の償却率をかけ算します。

定率法の最大の特徴は、1年目の償却費が1番大きくなり、2年目以降から減少していくことです。つまり、太陽光発電システムの導入後は経費としてたくさん計上できるということです。

 

まとめ

前編は、太陽光発電の耐用年数と減価償却費、いわゆる太陽光発電の寿命と税金の関係について説明しました。難しそうに聞こえる減価償却費の計算方法も、仕組みさえわかれば簡単に計算できることが理解していただけたのではないかと思います。

後編では、太陽光発電に使用される部品の一覧と、パネルやパワコンなど、それぞれの寿命について解説してまいります。

 

後編へ

太陽光発電の耐用年数は、何年間?~後編~

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は、当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上、下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は
当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用を
お考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト 「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

>